• 高知県ヘルパー連絡協議会

会長挨拶

高知県ホームヘルパー連絡協議会が発足して50年を迎えようとしています。
この50年間、昭和から平成、そして令和と時代が流れ、政治、経済、社会情勢等、時代と共に大きく変化をしてきました。
しかし、時代が変わっても「変わらない」ものがあります。
それは、人が生きていくために絶対外すことができない「生活」という「生きていくための営み」です。
「生活」とは「生きる」ことと同義であると言えます。
人は、病気や障害を持ちながらも、どこで暮らしていても、人として、あたりまえに、自分らしく暮らす権利を有しています。
その方の「尊厳」を最大限に守り、安心して日々の在宅生活を送れるよう身体面や生活面の支援を担う私たちホームヘルパーは、在宅生活を支えていくプロフェッショナルであると自負しております。
これからの新しい50年に向けて、高知県の在宅介護を担うホームヘルパーが、「生活を支えるという大きな誇り」を持って活躍できるように、協議会一丸となって支えていきます。

高知県ホームヘルパー連絡協議会
会長 荒川 泰士

タイトルとURLをコピーしました