• 高知県ヘルパー連絡協議会

理事の紹介

会長

有限会社あらたケアサービス荒川 泰士

高知県ホームヘルパー連絡協議会が発足して50年を迎えようとしています。
この50年間、昭和から平成、そして令和と時代が流れ、政治、経済、社会情勢等、時代と共に大きく変化をしてきました。しかし、時代が変わっても「変わらない」ものがあります。
それは、人が生きていくために絶対外すことができない「生活」という「生きていくための営み」です。
「生活」とは「生きる」ことと同義であると言えます。
人は、病気や障害を持ちながらも、どこで暮らしていても、人として、あたりまえに、自分らしく暮らす権利を有しています。
その方の「尊厳」を最大限に守り、安心して日々の在宅生活を送れるよう身体面や生活面の支援を担う私たちホームヘルパーは、在宅生活を支えていくプロフェッショナルであると自負しております。
これからの新しい50年に向けて、高知県の在宅介護を担うホームヘルパーが、「生活を支えるという大きな誇り」を持って活躍できるように、協議会一丸となって支えていきます。

理事

事業所名川田 麻衣子

ヘルパー協会理事の川田麻衣子です。副会長やらせて貰ってます。協会理事になって7年位になります。
今年度より事務局も代わり、新しい協会のスタートと思ってます。私事ですが、この介護業界に入って16年。訪問介護しか携わった事がなく、施設やデイという職種は、ヘルパーとは違った悩みや問題、また逆に魅力もあると思います。私が思うに、訪問介護はヘルパーさんしか出来ない仕事だと思ってます。お宅に訪問してするサービスだからこそ、日々気付く事や発見等ヘルパーさんしか味わえない悩みや辛さ、その倍くらい喜びや充実感がある仕事だと思います。ぜひ、一人でも多くのヘルパーさんが会員または、研修に参加して頂き、訪問介護業界が盛り上げて行ければと思ってます。

ヘルパー よさく横山 仁美

ヘルパー連絡協議会の活動を通して、人と人とのつながりの大切さを感じています。今年度もよろしくお願いします。

訪問介護 ステーション 万々の恵大平 緑

在宅生活を送る利用者様の生活に密接した、ホームヘルパーのやりがいや魅力を発信していきたいと思います。

高知市社会福祉協議会
ヘルパーステーション西村 珠里

出来る事は一生懸命させて頂きたいと思っています。宜しくお願いします。

さめうらヘルパーステーション千頭 節民

昨年は体調を崩し、8ヶ月間仕事から離れてましたが、4月に復帰し、ヘルパーの重要性を改めて感じながら訪問させていただいています。
住み慣れた自宅で、少しでも長く暮らせて頂けるように、を合言葉に頑張っていきたいと思っています。

ヘルパーステーションニシダ順天堂池田 尚子

理事として参加させていただき、沢山の方と出会え、学ぶ事が多いです。今後もよろしくお願い致します。

サポートセンターほのか鍋島 ゆかり

いつも新しい事の連続で、びっくりしたり、喜んだり・・ヘルパーの奥深さを楽しみながら実感している毎日です。まだまだ勉強中の私ですがよろしくお願いします。

南国市社会福祉協議会小松 妙

地域でもヘルパーさんはもとより他職種とも連携に努められるよう頑張っていきたいと思います

ヘルパーステーションいの筒井 末実

私ごとですが、介護の世界に何気なく飛び込んで早、18年 
ヘルパー歴 14年です。 介護は奥が深く まだまだ勉強するばかりの日々ですが、[笑顔]を絶やさぬよう 頑張っています。

 846 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました